ヲタクな管理人の戯言など
プロフィール
きちんと仕事をして?嫁子供を養う傍ら、どうしてもやめられないヲタクな趣味についての雑記。週末は美味しいラーメンを求めて地元をフラフラと。 いつまでも子供な自分を理解してくれる嫁様に感謝。

hamon0120

Author:hamon0120
ブログ内の画像の持ち出しは禁止します。
また2chやBBSなどに気軽に貼らないでください。
きちんとしたリンクに対してのリンクフリーです。
スパムコメント等は随時プロバイダに連絡します。

利用規約
ブログ内の画像の持ち出しは禁止します。 また2chやBBSなどに気軽に貼らないでください。 きちんとしたリンクに対してのリンクフリーです。 スパムコメント等は随時プロバイダに連絡します。
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
というわけでシュラフ(寝袋)の購入に際し
自分なりに比較し、まとめてみました。

一般的にシュラフはマミー型と封筒型があるわけですが
特徴としてはマミーは身体にぴったりした形の為保温性が高く収納サイズも小さい。
封筒はサイズに余裕がある分圧迫感はないが保温性が低く収納サイズも大きくなる。
これはもちろん一般的な例でフィルパワー(FP)が高いダウンを使えば
保温力は高く、収納サイズも小さくできます。
代わりに金額が跳ね上がりますがw

ダウンの反撥力(復元力)を数値で表したものです。
数値が高いほど空気包含力があり、大量に含まれる空気の断熱効果により、保温性にも優れています。
一般的に550フィルパワーで高品質とされ、700~800フィルパワーのものが最も良質とされています。



日本国内にはモンベル、イスカ、ナンガという一流メーカーがあるわけですが。
モンベル、イスカは中国工場。ナンガは滋賀県米原市に工場があります。

一応私個人が気になったものの性能比較を表にしてみました。

封筒型
メーカー ユニフレーム ナンガ イスカ スノーピーク
商品名 ソフトシェルバッグ
800
ナチュレ ダウンプラス
レクタ350
セパレートオフトン
600
価格 18,800円 40,950円 14,175円 25,200円
中綿 FP600↑ 80/20 FP? 80/20 FP700 90/10 FP? 80/20
中綿量 800グラム
(グースダウンは400グラム)
1,000グラム 350グラム 600グラム
表地 【表生地】30D×30Dナイロン透湿コーティング
【裏生地】シルリード<ポリエステル100%>
ポリエステル
100%
ナイロンタフタ/
TCコットン
重量 1,500グラム 2,320グラム 880グラム 1,700グラム
収納サイズ 19Φ*43 23Φ*35 16Φ*24 20Φ*40
快適睡眠温度 -5度 10度
使用可能温度 -10度
使用サイズ 220*98 210*80
使用可能身長
URL



マミー型
メーカー モンベル ナンガ イスカ
商品名 スパイラル
ダウンハガー#3
センターZIPバック
350DX
ダウンプラス
ポカラ
価格 17,800円 15,800円 21,000円
中綿 FP650 FP760 90/10 FP700 90/10
中綿量 ? 400グラムと予想 350グラム 500グラム
表地 40dn・マルチ・
ナイロンタフタ
30dnナイロン
撥水加工
ポリエステル
重量 810グラム 680グラム 1,050グラム
収納サイズ 15Φ*30(4.2L) 14Φ*31 16Φ*32
快適睡眠温度 0度 -3度
使用可能温度 -10度 -8度 -6度
使用サイズ 210*80 207*80
使用可能身長 183 175
URL







使用用途がソロツーリングキャンプとファミリーキャンプです。
私自身はスパイラルダウンハガー#3はすでに持っている状態です。

試しにスパイラルダウンハガーで寝てみましたが、肩幅があるからか
非常に圧迫感が強い。スーパーストレッチ素材といっても
ゴムのように伸びるわけではない。

まずマミータイプは選択肢から外しました。

そして封筒タイプを見てみる。
車に積むにしても余りにも大きいものはX
化繊でいいなら10年前のカビ臭いスリーシーズンシュラフがありますし・・
今回はそれよりも小さなものを選びます。条件としては
収納サイズは30Φ*50以下のもの。
冬の低山まで対応できるもの。

ナンガは永久保証をうたっており、タバコの火などで焦がしでも有償ですが修理可能。
これは非常に惹かれました。が高い。とてもお高い。値引きが多少合っても3万円は切らない。
流石にシュラフに3万円は痛い・・・

イスカは毛布などを併用すれば冬山も行けるらしいが
本体はサマーシーズン用なので外す。

そしたら
ユニフレームとスノーピークの一騎打ち!
値段! ユニフレ>>スノピ
綿量! ユニフレ>スノピ
重量! ユニフレ>スノピ
収納サイズ! ユニフレ<スノピ

使用可能温度! スノピは記載なし ユニフレは問い合わせたら
-5度まで快適に使用できるとの回答をいただきました。


よし。ユニフレのソフトバッグシェルにしよう。

どちらのメーカーも値引きがなく、それなりに高額になりますが
長く使えるでしょう・・・

スポンサーサイト
2012/10/23 14:54 登山・キャンプ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hamon0120.blog82.fc2.com/tb.php/373-7406313f
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。